いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年3月24日

コピー機をリースする場合の注意点をチェック

オフィスや自宅などにコピー機を導入する上で、初めて導入する人などは購入かレンタル、リースなど様々な方法の中からどれを選ぶか悩んでしまう方は多いです。購入よりも月額料金でお得に導入したいという方で、利用する期間が長くなる予定があるなら長期契約を行うことで月額価格がレンタルよりも安くなるリース契約を選ぶ方が増えてきています。リース契約を行うと初期費用がかからなかったり最新機種を導入できること、保守サービスの料金を安く抑えられたり支払いを経費で処理できるなど様々なメリットがありますが、契約する上で注意するポイントもあります。例えばリース契約は中途解約を行うことが出来ないので、契約前には必ず同じコピー機を使い続けるのかを想定しておくことが重要となります。

人材の入れ替わりが多い部署や新規事業を推進する部署なら、機器の機能を柔軟に拡張できる方が使い勝手が良いため買い替えや入れ替えが容易とされる中古の購入やレンタルの方が最適といえます。他にも導入後は初期費用が発生しないといったメリットがありますが、リース期間から総額を算出すると総合的な金額になると一括購入するよりも高額になることや、導入費用の総額を手っ取り早く抑えたい場合は中古機器を購入する方法を選択することも一つの方法です。コピー機の契約をする際には保守サービスの加入が必須となるので、月額料金とは別に保守料金が掛かるので事前にどれくらいの費用が発生するか長期的な目で見ることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です