いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年3月21日

よく使う設備コピー機をリースするメリットとは

業務では日常的にコピー機を使っている会社が多いでしょう。コピー機というものは基本的にはプリントアウト機として使われています。パソコンを使う作業では、そこで作成したデータはそのままパソコンやネットでやり取りする場合も多いですが、プリントアウトして紙としてやり取りする場面も多いのです。そのため、コピー機がなければ紙にする事が出来なくなり非常に不便になります。

本当にほとんど使わないといった場合には、家庭用プリンターなどを利用する手やコンビニプリントの利用という手段があります。しかし多くの企業では恒常的に大量のプリントアウトが必要になるため、コピー機はリース契約されているのです。リース契約の利点はいくつもありますが、一つ大きな要素としてサービス会社の技術者が簡単に来てくれる事が挙げられます。ちょっと黒い線が出てしまっただとか、トレーが上手くしまらなくなったなどイレギュラーが多いのがコピー機です。

リース契約をしていれば、メンテナンスも利用料金に含まれるため巡回している技術者がすぐに飛んで来てくれるます。これがリースではなく購入していた場合を考えると、メーカーに依頼して正式な修理となり、大きな費用が発生してしまうのです。それを考えればリース契約にしておいて、タダ同然のメンテナンス作業をやってもらう事の利点の大きさが分かるでしょう。来てもらったついでに備品の補充をしてもらってもいいですし、機能について聞いたりも出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です