いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年3月15日

コピー機が何故リースされているか

リースというのはレンタル方式の一つで、短期間ではなく長期の貸し出しを言います。リースと聞いて思い浮かぶものの一つがコピー機でしょう。多くの会社ではコピー機はリース契約によって利用されています。何故一度に買ってしまって月々の利用料を払う方式を選ぶかというと、それはコピー機の性質に影響されています。

まず一つに非常に高価なものだという理由が挙げられます。80万から100万円もするコピー機ですが、フロアに一台は欲しいので3フロアもあれば300万もの費用が初めに発生してしまいます。リースならその点、金額は月額基本料に使った分のカウント料金だけなので安く上がります。2年ほど契約してしまうので途中で解除すると違約金が発生してしまいますが、コピー機が必要なくなる環境というものがほとんどないのでそのデメリットは意識されません。

また、常にものを消費しているというのも特徴でしょう。コピー用紙はもちろんの事、トナーも消耗品なので使えば使うほどなくなっていきます。これが毎日一日中動かしている様な環境だと、数日に一回は補充が必要になるのでその作業だけでも大変です。リースにするとサービス担当が定期的に補充に来てくれますし、呼べば無料で来てくれるので安心出来ます。

なにより動作がおかしくなった時にすぐ飛んで来てくれるので、その部分でリスクヘッジと言えるでしょう。買い切ってしまうとサービスも別料金になってしまい、いざという時に面倒なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です