いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年3月9日

コピー機のリースとは何ですか?

レンタルとリースの違いが分からないという声も少なくありませんが、レンタルの方は1日単位でコピー機を借りる事と考えて下さい。臨時でオフィスを出すけれど数か月単位は開く予定はない等、イベント等でコピー機が必要になった場合はレンタルで1日単位で借りた方が総額が安くて済みます。ただ、必ずしも全ての会社に共通と言うわけではありませんが、レンタルの場合は最新型ではなくて、型落ちの旧型コピー機を提供される事になりますので場合によったら新機能が無い為に面倒が起きてしまう可能性も否定出来ません。ですが、お願いすれば速攻で納入してもらえる等のメリットがあるのは見逃せません。

これに対してリースの方は、臨時は臨時でも数か月単位で事務所をそこに開きたいという様な話であったり、そこに会社として根付く事は確定でコピー機も仕事の内容上一応あった方が堅実であるという様な時の選択肢になります。レンタルの違いとして、リースは一月定額で幾らという設定をされている事が多く、期間や条件次第ではレンタルよりも大きいメリットが見込めます。メンテナンスサービスであったり、最新機種提供サービス等も付いている会社が多いので何かのトラブルがあった時も安心していられる点が大きいメリットです。ただし、一定期間最新機種を貸し出す以上、リース会社はリース先が穏当かどうか審査する事になります。

その分、レンタルと違い速攻で品を入れてもらえるわけではないという事は意識しておくべきポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です