いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年3月3日

リース契約される事が多いコピー機

コピー機はほとんどの企業でリース契約されています。つまり購入するのではなくレンタル会社から借りている状態で使われているのです。リースとは長期間借りる契約の事で、多くは2年更新などで携帯電話並みに長く借りる事になります。なぜコピー機はそういった形態が多いのかと言うと、それはコピー機の性質と合致しているからです。

高い物では100万円もするコピー機ですが、フロアがいくつもある会社ならフロア事に設置したいものです。初めから必要な設備にも関わらずそれで200万や300万も掛かってしまったのではコストが掛かりすぎです。しかも使い続ければ故障も増えますし、不良資産になって行きます。リース契約することで、簡単に言えば2年事に買い換えて最新機種にする事が可能です。

もちろん費用に跳ね返るので、型落ち品を安くリースする事も出来ます。サービス会社の方でたくさんの機種が用意されているので、その部分は買うより使いやすいのです。また、消耗品の補充やメンテナンスがつきものなのもリース向きと言えます。常に料金を支払い続けてその利用料を払っている状態なので、定期メンテナンスも勝手に行ってくれますし、来るついでに消耗品の補充もしてくれます。

素人がいじくるより遥かに安全で安心で、壊れたとしても直してくれるのでその部分で使いやすい事になっているのです。コピー機はほぼ必須の設備ですが、あまりにも高く、メンテナンスや補充もセットなのでこういった形になっています。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です