いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年2月24日

自社で保守ができるレンタル業者のコピー機を選ぶ

コピー機を新たに導入する場合、いつまで使うのかが分からないケースや数か月程度で返却したい時には、リースでなくレンタル契約にするのが一般的です。調べてみると色々な業者があり、それぞれが強みとする部分を持っていますが、多くの人が最初に気にするのは価格です。特に新たに会社を興してコピー機をレンタルする時には安く抑えたいと思うのが普通ですので、安さを前面に出している広告に目がいってしまいますが、安いだけで選ぶと大抵は後悔します。もちろん中には良い業者もいて他の面でも素晴らしいこともあるため、一概には言えませんが、保守という大事な面を見落とすと後悔します。

安心して利用できるのは、自社にきちんと保守体制が敷かれている業者です。依頼を受けてから委託するような形式になっていると必要な時に必要なサービスが受けられませんし、場合によっては対応するまでに時間がかかって仕事にも影響が出るかもしれません。自社で保守サービスを提供するということは、その分コストもかかっていますのでレンタル業者からみると大変なことです。しかし、しっかりとしたサービス体制を構築していると見ることができますので、利用する側からは安心感があります。

コピー機のレンタル業務を行う業者はたくさんありますし、保守は外部に委託しているところも少なくありません。しかし、本当に良いサービスを提供しようとする場合には、保守も自社でまかなうのが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です