いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年2月18日

コピー機をレンタルする手順

コピー機をレンタルする手順ですが、まず最初に社内でどのような使い方をするのかをよく話し合っておきましょう。使い方によって選ぶべき機種が異なり、契約の仕方も変わってくるかもしれません。会社では予算の問題もありますので、予算内に収まる範囲内でのランナップを確認して、その中から必要な機能を兼ね備えたものにすると失敗しません。社内での条件を明確化したらいよいよ業者選びに入りますが、レンタル業者はたくさんあるため、最初の絞り込みに時間がかかります。

同じコピー機でも安く提供しているレンタル業者を見つけるとお得なような気がして選んでしまいますが、最初に値段から絞り込んでしまうと目的に合ったものを選べない可能性大です。これはよくある失敗であり、料金といっても本体価格しか見ていないことがほとんどです。レンタルする場合には基本料金以外にもかかることがあり、トータルで計算してみると格安だと思われていた業者が意外と高いことに気づくケースもあります。ですから、値段だけで選ぶのではなく、色々な条件で比較して考えることが大切です。

コピー機では月間枚数も重要なポイントであり、枚数ごとに適した機種が異なります。この条件を確認するためには月々の枚数をあらかじめ調べておく必要があるため、数か月間の枚数のデータを蓄積しておくと良いでしょう。モノクロとカラーを別にカウントして一覧を渡すと、業者の方で最適なものを提示してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です