いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年2月9日

コピー機のレンタルで確認すべきポイント

コピー機をレンタルする時に確認しておきたいポイントがいくつかあり、例えば新品か中古かは最初に決めておきたい部分です。新品にすると新しい機能がついていて印刷スピードも速いのですが、その分費用はかさみますので、トータルで考えるとどちらが適しているのかを考えなければなりません。中古といっても一世代前くらいの機種になると、最新のものとあまり遜色はありませんので、業務で使うのに不都合を感じることはないはずです。導入コストに関しては経費を節減したい時にはもっとも重要になる項目です。

最近では環境重視のコピー機も増えていて、ペーパーレス機能もついています。レンタルする機種が比較的新しければそういったペーパーレス機能も利用できますので、用紙の節約ができるかもしれません。例えば、FAXで送られてきた情報を印刷せずにPDF形式で指定のフォルダに保存するという風に、不要なものを印刷しないように設定することが可能です。フォルダの指定はコピー機から簡単に設定でき、変更も難しくありません。

他にも便利な機能が増えていますので、機能面で何が必要なのかを整理しましょう。レンタルではアフターサービスに関しても注意したいところです。新しい機種を安い価格で提供している業者であっても、アフターサービスが充実していないのはNGです。本来基本料金に含まれるはずのアフターサービスに関する費用が別途徴収になっている場合にも、気を付けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です