いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年1月24日

コピー機をリースで導入する際注意したいこととは

最近のコピー機は大変進化を遂げてきているということは、ご存知でしょうか。何よりも操作画面がタッチパネルでとても大きくなってきているということで、機械の苦手な従業員でもすぐに使いこなせるといった点が大きなメリットです。教育コストなどもそのおかげでかからずに、授業がストップしてしまうというようなことも起こりません。またクラウドなどと連携させることによって、スマートフォンで全く別の場所からコピー機を操作することなども簡単にできますし、新しい機能が必要な時にはサイトの方からダウンロードしアプリを追加することなども、簡単にできます。

そのような高機能のプリンターを手軽に導入したいのであれば、コピー機のレンタルリースサービスを活用するのがお勧めです。一台あたり高額になりがちなコピー機を、月々の手軽な支払いで導入することができるようになるサービスです。レンタルもリースも、どちらも貸し出しという意味では同じですが、貸出をする期間の長さが異なるところに注意しておきましょう。大体3年程度を基準として、それよりも長い貸し出しのことをリース、一か月や1年といった短い期間の貸し出しのことはレンタルという傾向があります。

長期的な貸出であれば、月々の支払いなどが安くなる傾向があるということが言えますが、契約の際に審査などがあるケースもあるので、よくその点についてネットで前もって調べておくようにすると契約がスムースに進められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です