いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年1月15日

コピー機をリースするメリット

コピー機をオフィスや会社などに導入する際には、いくつかの方法がありそのひとつにリースを挙げることが出来ます。コピー機をリースした場合の独自のメリットが複数あります。具体的なメリットのひとつが、何と言っても購入する場合に必要となる多額の購入資金が必要ないことです。月々一定の料金を支払うだけで導入することが可能であるので、購入資金を事業の運転資金やその資金を運用して利益を出すことに使うことが出来るというメリットがあります。

次に、コピー機のリース料金を経費で処理することが可能であることも利点のひとつだと言えるでしょう。税務上に認められた期間であれば、月々掛かる費用全額経費として処理することが出来ます。税金面で有利であることだけでなく、固定資産に計上する必要がないので財務比率が悪化することがありません。それに加えて、資金調達や償却事務などをはじめとした煩わしい管理事務処理が発生せず、事務の効率化や合理化が図れることも魅力点です。

また、経済的な耐用年数を考慮した期間内でコピー機をリースすることで、常に最新の機器を導入することが出来て設備や機械の陳腐化することが防げることもメリットのひとつに挙げられます。さらに、機械設備などの費用が月々掛かるコピー機のリース料で明確に把握することが可能で、原価計算の簡素化や原価意識が徹底にも繋がります。合わせて、廃棄物処理法や薬事法をはじめとした新たな規制や様々な環境関連の法律を気にする必要がないことも利点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です