いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年1月9日

コピー機をリースで導入する方法を検討しよう

オフィスなどを起業したという時に何よりもまず準備しなければいけないのは、デスクやチェアのみならずコピー機もあるのではないでしょうか。特に最近のコピー機は大変利便性が向上しているということでオフィスの生産性や企業が事業を軌道に乗せるために、とても重要な役割を果たしてくれる存在となることはまず間違いがありません。コピー機さえあれば、基本的にプリンターなど別に準備する必要などもなくなりますし、さらにスマートフォンなどで、遠隔地から操作をすることなども可能になります。そうした新しいコピー機を導入するのにおすすめなのが、リースやレンタルサービスの活用です。

どちらも貸し出しという意味では違いはありませんが、貸出の期間の長さの違いで呼び分けている傾向があると言えます。3年程度を基準としてそれよりも長い貸し出しのことをリース、それよりも短い貸し出しのことをレンタルと呼ぶ傾向があるのです。目的などによって、どちらが良いかということは、変わってきますので、よく外使用目的を明確にしどちらの契約が良いかということを考えていくようにするとよいでしょう。例えばイベントや研修会など一日だけ大量の印刷物が必要だというような場合であったら、レンタルサービスがおすすめです。

日常的に使用したいという場合であれば、長期契約であるリースサービスの方を利用するのがおすすめです。短期でも契約時の審査なども簡単に終わる傾向があるため、すぐにコピー機を導入していくことが可能になるスピード感がメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です