いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年1月6日

コピー機をリースするメリット

ビジネスの現場で普通に使われるようになったコピー機ですが、リースにすることには大きなメリットがあります。事務所などで通常使われているものは、高性能の複合機となっていることが多く、本体価格も値が張ることが多いようです。そのため、コピー機をリースにすることで、イニシャルコストを軽減することができます。また、コピー機の所有権はリース会社にあることで、所有していれば固定資産対象となる高額の機器を使用していても納付手続きなどが発生しませんし、月々のランニングコストを経費として計上できます。

機器を購入した場合は、最初多額の費用が掛かるものの、費用かできるは後になるため、月々の経費とできることには経営上の利点があります。さらにコピー機をリースとするメリットは、最新の機器が少額で導入できることにあります。ビジネスの現場で使用するどの機器類にも言えることですが、次々と最新の機器が登場しているため、年月が経つにつれて性能などに問題を抱えやすくなり、故障のリスクも増加します。それでも、コピー機をリースにすることで、新しい機器の導入も容易にできて、時代のニーズに合わせた備品類を充実させることができます。

さらに、月々の支払いが発生するだけで機器の使用ができるので、費用をプールして事業の拡大に必要な資金とすることも可能です。さらに契約によっては、動産保険などに加入できているケースもあり、万が一の事故でも金銭的な負担がなく、機器使用の継続が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です