いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2021年1月3日

コピー機はリースで用意しよう

オフィスでは多くの印刷物が必要になりますので、業務用のコピー機は欠かすことができないオフィス機器です。とはいえ、業務用のコピー機はかなり高額なものも多く、購入となると多くの初期費用が発生します。できることなら、余計な出費は抑えたいと考えている人も多いのではないでしょうか。初期費用を抑えて新品のコピー機を導入するなら、リースも検討してみましょう。

初期費用もほとんど発生しませんので、その分を会社の運転資金に回すことができます。リース料金は、会社の経費として計上できるようになっています。月額料金も固定されていますので、ランニングコストもわかりやすくなっていますし、所有権はリース会社にありますので、減価償却の手続きや固定資産税の支払いもい発生しません。コピー機をリースで導入するには多くのメリットもありますが、利用する前は注意点も知っておきたいところです。

まず、所有権がありますので、期間が終わったときには回収してもらうのか、買い取るのかも考えておく必要があります。毎月、一定の金額を支払うことになりますが、保険料や金利、税金なども含まれていますので、総支払額は購入よりも高くなることは知っておきたいところです。費用を抑えるために、中古機器を選びたいと考える人もいますが、レンタルとは違い、中古品を選ぶことができません。選べる機器は新品のみということも理解しておきましょう。

そして、誰もがリースを利用できるわけではなく、審査があることも知っておきたいところです。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です