いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年12月6日

レンタルコピー機のメンテナンス

コピー機はオフィスにおいては必需品となってはいるものの、メーカー希望価格で購入してしまってはかなりの高額となってしまうのが難点です。そこでできるだけ安く利用するための方法として、コピー機をレンタルする方法に注目が集まっています。基本的にはオフィス商品を専門に取り扱っているレンタルショップと契約をして、すでに店頭に在庫がある種類を借りる形式です。購入ではないので毎月または毎日の料金を支払えば足り、一度に多くのお金を支払わなくてもよいことから、中小企業や個人事業主が使いやすいサービスといえます。

長期契約といえばリースのほうが有名ですが、リースは事前審査があるのですべての場合に適用できるわけではなく、特に信用力に劣る個人事業主はサービスが受けられない可能性があることも理解しなければなりません。その点ではレンタルのほうが審査もなくすぐにでも借りられるところが有利です。コピー機を特に長期にわたってレンタルする場合、メンテナンスについてもあわせて検討しておくことがたいせつです。長期間の使用であれば紙詰まりやトナー切れは頻繁に起きるはずですし、故障してしまうおそれもあります。

トラブルのたびにエンジニアを呼び出すとそれだけ費用がかかるため、包括契約でメンテナンスを受けるのが得策といえます。包括契約であれば、一定の決まった金額さえ支払えば、何度でも専門のメンテナンスを受けることが可能となります。これにもいくつか種類がありますが、コピーした枚数ごと単価が決まっていて、毎月の料金に上乗せするスタイルがよくみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です