いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年11月24日

カレンダー印刷の成功への近道とは

一口にカレンダー印刷といっても多くの種類があります。壁掛けカレンダーから、卓上のもの、ポスタータイプから、カードサイズなど、サイズ、形、加工方法まで、カレンダー印刷には大変様々な形式のものがあります。これらの特徴を理解し、目的のカレンダーに最適なものを選ぶためには知識と経験が必要なため、これらのことは全て印刷会社の営業マンに相談をすることにしましょう。彼らはこれまでの実績から、最適なセレクトをすることができます。

まずはカレンダーの形状ですが、ビジネスユースなら卓上カレンダーが相手側に喜ばれます。机の上において、一年間のスケジュール管理に一役買ってくれるからです。この場合は、もちろん好みにもよりますが、サイズは大きすぎず、また小さすぎないものを選びましょう。奇をてらって複雑な形にすることもやめましょう。

あくまで仕事で使うものなので、シンプルで、そして日付の欄に書き込みが多くできるようなデザインにしましょう。絵や写真を前面に押し出したようなデザインにすることは避けた方が無難です。書き込みスペースが少ないビジネスカレンダーは避けられる傾向にありますので。また壁掛けカレンダーやポスターカレンダーは主に写真を重視したい場合によく持ち込まれます。

この場合は用紙の選び方に注意しましょう。上質系の用紙やラフ系のものは、写真の表現が難しく、暗く沈んだ画像になる可能性があるので、あくまで表現したいデザインを印刷会社の営業マンに伝えて、最適なものを選んでもらうようにしましょう。営業マンとのよいコミュニケーションがカレンダー印刷成功の一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です