いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年11月21日

カレンダー印刷には印刷の専門知識が必要

カレンダー印刷を始めるには印刷の専門知識が必要です。現在世の中には主に2つの印刷方法があります。それはオンデマンド印刷とオフセット印刷になります。オンデマンド印刷は主に小ロットの印刷を行います。

それに対しオフセット印刷は大ロットの場合の価格メリットが大きい印刷方法です。どちらも現在では品質に大きく変わりはありません。差があるのは価格になります。今回のカレンダー印刷の部数によってどちらを選ぶのか、変わってきます。

少部数ならばオンデマンド印刷。大量部数を刷るならば、オフセット印刷がよいでしょう。ここでもう一つ、オンデマンド印刷の特徴をご紹介します。それは、多品種小ロットの印刷ができるということです。

たとえば、ベースは同じデザインでも、一部分だけ絵柄が異なっているような印刷物を作ることができるのです。簡単に言えば、ダイレクトメールで送付されてくる、宛名印字もその一つです。あの場合は、ベースは同じプリントで名前の部分だけ個人名を印刷しており、最もポピュラーな多品種小ロットの印刷例です。カレンダー印刷でもそれを行うことができます。

お渡しする予定のお名前をカレンダーの中に一部入れ込んだり、またその方宛にメッセージや写真を入れたりすることもできます。世界で一つだけのオリジナルカレンダーを印刷することがオンデマンド印刷は可能です。これらの印刷方法には専門知識が必要なため、印刷会社の営業マンによく確認することにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です