いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年11月18日

カレンダー印刷に関する情報

企業などが毎年作っているカレンダーは専門業者で印刷されています。毎年もらうカレンダーを貼って、毎月のスケジュール管理をしているところも少なくないでしょう。ただ、そのセンスは企業と言うより、印刷業者のセンスに依存しています。日本的なイメージ、モダンなイメージなどいくつかのパターンを提供して、その中からカレンダー印刷をするのです。

企業では多量にカレンダー印刷をしていますから、制作単価もその分割安です。しかし、数量が少ない場合には意外と高くなります。カレンダー印刷をするよりも、書店などで販売されているカレンダーを購入した方がいいのかもしれません。それに社名入りのシールを貼り付けるのです。

最近ではインクジェットプリンターの性能がよくなりましたからオリジナルのカレンダーを社内で作ることもできます。ただ、めくる部分は専門業者でなければできませんから、1年分を1枚のカレンダーとしたタイプを利用することになります。毎年、お客に配っているカレンダーがどのように使われているかを考えている企業はほとんどないでしょう。玄関や会議室、トイレなどいろいろなところにカレンダーが下げられています。

毎日見ていますから、企業の宣伝効果としては問題ありません。カレンダーに表示されている社名がふと頭に浮かんでくるからです。その時にカレンダーのセンスが作用します。いいデザインだと思うカレンダーに印刷された企業のイメージがアップするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です