いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年10月15日

コピー機レンタルとリースの違い

コピー機はいまではオフィスの必需品ともよぶべきものであり、大量に必要な文書をすばやく作成するにはこれほどまでに適切な製品はありません。もちろんいくら便利だとはいっても、メーカーが指定した価格そのもので購入してしまっては、いくらお金があっても足りないはずです。特に最近の製品はコピーそのものだけではなく、ファクシミリやプリンターなどのさまざまな機能を詰め込んだ複合機とよばれるものが主流になりつつあり、それだけに価格も高額になっています。このような場合にはリースやレンタルといった方法で、できるだけ安くコピー機を調達するのがもっとも適切なやり方といえます。

しかしリースとレンタルとではしくみがかなり異なっていますので、それぞれの違いを知った上で使いこなすことが必要です。リースはその性質上、数年がかりの比較的長期間の使用が必要となり、価格的にはもっとも安くなるものの、途中の契約解除は基本的に許されておらず、契約をする前にも審査があるのがやっかいなところです。逆にレンタル場合は短期的な利用のほうが向いており、リースと比べれば料金が若干高くなる場合があるものの、期間はかなり自由に設定でき、使った分だけ料金を支払えばよいメリットがあります。コピー機の種類はリースの場合はカタログなどをもとにして自由に選べますが、レンタルは在庫がある種類のみ選択が可能です。

そうはいっても各社とも最新機種を用意していることは多く、リースとあまり違いはないともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です