いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年9月30日

コピー機のレンタル導入前に調べるべきこと

数日でコピー機のレンタルができるサービスが登場しています。リースより月額料金は高くなりますが、超短期の利用にも対応しているのが特徴です。コピー機のレンタルを導入する際は、機種ごとの印刷スピードを調べておくのが得策です。大量に印刷する状況ですと、スピードが速いほど有利になります。

印刷に時間がかかりすぎると業務が停滞し、支障が出てくる可能性があります。どの程度のコピー枚数になるか想定できていれば、コピー機のレンタルプランを選びやすいです。例えば月間に2000万枚と6000枚を比較した場合、後者のほうが高性能マシンが必要になります。一方で少ない印刷枚数で高性能マシンを導入すると、費用対効果が悪くなることが多いです。

コピー機のレンタルはリースより高額ですが、店舗によりかなりの差があります。使用期間・用途によって適切なサービスは変わってくるので、ここは十分な比較検討が必要になります。中古コピー機を販売する会社でも、レンタルサービスを用意していることがあり、料金はかなり良心的に抑えられているのが特徴です。安いからといって性能のランクを下げすぎてしまうと、必要な印刷枚数を確保できなくなる可能性があります。

サービス導入前に担当スタッフとよく相談し、使用シーンで不便を感じないレベルの機種を提案してもらってください。あとは使用期間によりお得な会社は変わってくるので、期間別に料金比較をしていくことも大切です。コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です