いい仕事をするならばコピー機のリースから考えよう
2020年9月30日

コピー機が短期間だけ必要ならレンタルがおすすめ

工事現場の仮設事務所や町内会のイベントあるいは繁忙期のオフィスなど、特定のシーンや期間に限定してコピー機が必要になるケースも珍しくありません。もちろんこのようなケースでわざわざ新品のコピー機を購入するのは、コストパフォーマンスの点から見ても、決して適切とは言えないでしょう。そこでおすすめしたいのが、レンタルを活用することです。費用はコピー機が必要な期間だけで済むので、余計なコストをかける心配がありません。

またレンタルであれば幅広く多種多様な機種の中から、それぞれのニーズに合った製品を選ぶことが可能です。例えば工事現場の仮設事務所ならばFAXやプリンターあるいはスキャナー等が内蔵された複合機、イベントであればカラー対応型、繁忙期のオフィスなら高速機といったように、必要なシーンや期間に合わせ導入することができます。もしどんな機種を導入すべきなのかわからない場合でも、知識や経験が豊富な担当スタッフがサポートするので安心です。コピー機の機能や性能の詳しい説明はもちろん、製品を購入した場合の費用とレンタルのトータルなコストを比べながら、適切な機種を提案してくれます。

さらにレンタル会社によっては、製品を買い上げできるケースもあります。最初はレンタルで使いながら製品との相性を見極め、結果的に長期にわたって必要な製品として判断したら、そのまま買い上げるという選択も可能です。まずは担当スタッフに相談してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です